ハタハタの寿し漬

地元でしか食べられない猟師町の家庭の味

つるつるわかめきしめん風盛り付けアイキャッチ
つるつるわかめきしめん風

冬の風物詩、ハタハタ

雷の鳴る11月ごろに獲れることからカミナリウオの別名を持つハタハタ。 日本海の荒波にもまれ、船から揚がり漁港に運ばれてからも飛び跳ねる ほど生きが良いハタハタは、淡白な味ながらも身がしっかりとしまって いて誰もが待ちわびる旬の食材の1つです。

その他寿し漬シリーズとして「イカの寿し漬」 「サケの寿し漬」 「タコの寿し漬」 をご用意しております。

「ハタハタの寿し漬」の購入についてはこちらから「ふかうら本舗」
つるつるわかめきしめん風

津軽の冬の名物を
深浦ならではの味付けで

大時化になると大量になると言われているハタハタは水揚げ時期が短く、津軽の冬の名物でもあります。原料を地場深浦にこだわり、水揚げ後は鮮度の良い内に処理漬込みを行います。
魚は食べやすい大きさに切り、酢づけしたものにご飯や人参、しょうがをまぶしながら漬け込み、うまみを徐々に滲みこませてつくります。 重石を乗せ漬け込むことで、約2週間で漬け上がります。

ハタハタの寿し漬をご注文の方は

ハタハタの寿し漬

ハタハタの寿し漬

ハタハタは、青森県西海岸の漁師たちに冬の訪れを告げる、まさにこの地ならではの魚。
ご家庭の夕食の一品としてご使用頂くと、テーブルの上に日本海の鮮烈な風景が広がります。 日本酒のアテにも最適なこのハタハタの寿し漬、ぜひお召し上がりください。
ふかうら本舗で購入する 商品を購入するにはこちらから
品目 内容量 価格(税別)
ハタハタの寿し漬 200g 500円
420g 1,000円

その他寿し漬シリーズ

イカの寿し漬
サケの寿し漬
タコの寿し漬
「ハタハタの寿し漬」について、お気軽にお問い合わせください。 お問い合わせ法人・団体のお問い合わせはこちらから お問い合わせ一般・個人のお問い合わせはこちらから