工場・設備

深浦工場

深浦工場外観
1995年(平成7年)に操業を開始した、ふかうら開発の主力生産工場です。特につるつるわかめは、製造のあらゆる工程をこの工場一か所で行っています。
敷地は国道101号線(大間越街道)沿いに広がり、物販所もありますのでお土産のご購入も可能!
深浦にお越しの際はぜひ、お立ち寄りください。
※ 工場見学は原則として受け付けておりません
製造商品:つるつるシリーズわかめ製品もずく製品寿司漬雪人参製品 所在地:青森県西津軽郡深浦町深浦岡崎大間97-7
Tel:0173-74-3811
Fax:0173-74-4587

岩崎工場

岩崎工場外観
津軽寿し漬の開発・製造を行っているのが、岩崎工場です。
寿し漬は一つひとつ、地元深浦のお母さんたちが手づくりしています。長年、この地で愛されてきた伝統の味を全国にお届けします。

所在地:青森県西津軽郡深浦町岩崎玉坂370-1
Tel:0173-74-3811
Fax:0173-74-4587

岩崎工場写真1
岩崎工場写真2

大きな地図で見る

つるつるわかめのできるまで

1.煮る

行程1

つるつるわかめを作るためには、よく水洗いした採れたてのわかめ(深浦産)を煮るところからはじまります。

右へ

2.搾り出す

行程2

加熱されたわかめは、続いてじっくりと絞りこまれ、わかめのエキスが溢れたペースト状態となります。

下へ

4.麺状を保つ

行程4

麺状に成形されたわかめは、その形を保つためカルシウムの混じった水に浸されて流れていきます。

左へ

3.麺状に成形する

行程3

ペースト状のわかめは、特殊な装置で成形され、麺状となります。

下へ

5.水洗いする

行程5

充分に固まったわかめは、余分なカルシウムを除くため入念に水洗いされます。

右へ

6.アク抜きする

行程6

続いて、アクを抜くためにわかめを水につけこみます。

下へ

8.品質チェック

行程8

異物が混入していないか、状態をじっくり確認して品質の安全確保に努めます。

左へ

7.殺菌

行程7

充分にアク抜きされたわかめを、90~95度で30分間、入念に殺菌します。

下へ

9.パック詰め

行程9

一つずつ、手作業でしっかりとパック詰めされ、封を閉じられていきます。

右へ

10.完成!

行程10

こうして、つるつるわかめが完成! 後は皆さまの食卓に上るのを待つばかりです。